訪問見積もりは行うべき?

電話帳広告などで目にする「訪問見積もり」というのは、引越し業者に訪ねてきてもらい、荷物のボリュームやエレベーターの有無等を調べてもらったのを踏まえて、いくら支払えばよいかを的確に決めてもらう事であります。
似たような引越しの種類だとしても各業者により「専用のダンボールの料金」、「冷蔵庫などの大型家電は何平米くらい面積を要するか」等の指標に差があるので、それ次第で料金も高額だったり低額だったりします。
手間いらずの「一括見積もりサービス」というのは、引越し予定者が登録した引越し先の住所や荷物量などのインフォメーションを、2社以上の引越し業者に送り、料金の見積もりを取り寄せることです。
引越し業者の比較はとても重要です。それも、金額だけにとらわれるのではなく、受付の対応や無料でエアコンを設置してくれるかどうか、使用する梱包材に料金はかかるのか?等各種の作業内容についても、基本的な比較の基軸となります。
引越しを行なう時間によっても料金の計算方法には差が生じます。普通の引越し業者では搬出のスタート時刻を大体三つの時間帯に分類しています。日が暮れる時間帯に依頼すれば料金は値下がりする仕組みです。