横浜市内の近距離の引越しで安い引越し屋は?

引越しは何も県を隔てて移動するばかりのものではありません。

 

同じ町内にある建物に移動するケースも珍しくないのです。
そうした際には、レンタカーなどを利用して費用を安くあげる手段があります。

 

しかし、多くの引っ越し業者には格安プランが用意されており、そうしたものを利用すれば手間もコストも削減することが出来るでしょう。
横浜で格安プランを利用できる引越し業者は、多数存在します。

 

横浜大手の引越し業者

横浜市内で引っ越しを行う場合、大手の引越し業者は選択肢の一つでしょう。

 

アート引越センターアリさんマークの引越社引っ越しのサカイなどは近距離に対応しており、使いやすい引っ越し業者と言われています。

 

また、それほど大手ではない横浜地域密着型の会社としては、アップル引越センタームービングエス引越しのシードなどを挙げることが可能です。

 

他にも宅急便で有名なクロネコヤマト引越センターも近距離のサービスを行っています。
同市内の引越しを行う際には、単純な距離だけで判定されず、市内の引っ越しプランが別枠で設定されていることも珍しくありません。

 

そうしたものは、通常の引越しよりも圧倒的に安価で引き受けてもらうことが可能です。
近距離での引越しを行おうとしていて、それが市内であるのなら検討に入れても良いでしょう。

 

近場の引越しでコストを抑える

実際の引越しにかかる費用を抑えるうえで、大事なのはコストの低い時間帯を利用するということです。

 

引越し業者は時間帯に関して大きく、午前便・午後便・一日便・フリー便に分けています。
午前便は午前から始まり13時頃に終わるもの、午後便は14時頃から開始するもの、一日便は朝から始まり夕方までかかるものです。

 

フリー便は完全に業者都合で開始時間も終了時間も業者に任せるというものになります。
この中で一番コストがかかるのは、拘束時間の長い一日便です。
逆に安いのがフリー便になります。

 

フリー便は完全に業者都合であるためです。それぞれのサービスで具体的な割引がどのように設定されるかは状況によって変わるので一概に言えません。
ですが、こうした時間を意識して依頼を行えば、より安価に引っ越しを行うことが出来るでしょう。

 

コストの抑え方

そして、引越しを行う際、値段に関わるのが荷物の量・距離・時間といった要素です。
横浜市内ですと単身で引っ越しする際の基本料金は、9,000円前後になります。

 

もちろん、荷物が多ければそれにプラスされますし、家電設置なども含めばより値段は上がります。
そして、引越し業者の繁忙期は3月と4月です。
この時期は進学や就職によって、人が大きく動く時期なので、必然的に引っ越しの費用は高くなります。

 

場合によっては10,000円ほど上乗せされるケースも珍しくありません。
また、業者によっては変わらないこともありますが、休日と平日で値段は変わります。

 

大安や仏滅といった縁起を担ぐケースも存在するのです。
こうしたケースがあるので、引越しを行う際には一括見積もりサイトを利用するという手もあります。
その上で、算出された額を元に交渉を行えば、料金を安く割引してもらえる場合があります。

 

近距離引っ越しのやり方

近距離の引越しを行うのなら、引越し業者に頼らないという選択肢もあります。
荷物の量にもよりますが、レンタカーを借りて運ぶという手段です。

 

その場合は、自分の車を持っていればそれが望ましいでしょう。
とは言え、引越しは荷物を運べばそれで終わりと言うものではありません。
部屋に積み込むことも考えると、業者を雇う方が早く終わる場合もあります。
自分の払えるコストから、自分のコストを最小限に出来るやり方を探しましょう。