横浜の引越し前、後の電気・ガス・水道の手続き方法

引越しの際、忘れないように気を付けないといけないのが、電気・ガス・水道といったライフラインの設定です。

 

これらのものは普段使い慣れてしまうと、ついつい忘れてしまうものです。
例えば、シャワーなどは蛇口をひねると簡単に使えるものですが、実際には非常に高度な技術の結晶と言えるもので、ガス代と電気代がかかるものと言えます。

 

こうした手続きは引っ越しの前から、忘れないよう確認しておきたいところです。
横浜で手続きを行うのなら、以下のような流れとなります。

 

神奈川で電気を切り替えるには

電気の切り替えの時には、地域の担当をしている電力会社に連絡を行います。

 

横浜の場合は、東京電力が連絡先です。
新しい家に引っ越す数日前には連絡をするようにしましょう。

 

連絡は電話やインターネットで行うことが出来ます。
電気を使用するために必要なのは電気使用開始申込書です。

 

これは申し込みはがきを利用して連絡することになります。
基本的に引っ越し先の玄関やブレーカーの近くに置かれているので、それを送ってください。

 

その手順を行ったうえで、ブレーカーを入れることで電気が使用できるようになるのです。
もしも、申し込みはがきが無ければ、電力会社に連絡を取ることでも、申込書が手に入ります。

 

電気が通っていないと、家にある電化製品は使えなくなります。
現代社会で生活を行うに当たっては、大きな不便になるでしょう。忘れないように連絡を行いたいところです。

 

ガスは使用しているガス会社に

日常的に使っていると忘れてしまいがちですが、ガスは危険なものです。
ガスは危険な火災を引き起こす可能性があります。そこで、引越しで元の家のガスを止めたり、新居でガスが使えるようにしたりすることは、しっかりとした手順が必要となるのです。

 

また、電力に関しては電力会社に連絡をすれば対応してもらえます。
しかし、ガスの場合には都市ガスやプロパンガスのように種類があるため、どこか一つのガス会社で管理しているわけではありません。

 

そこで、家で使っているガス会社に連絡を取る必要があります。

 

基本的には自宅のガスメーターの場所などで、使用しているガス会社は確認可能です。
そこで確認できる連絡先に連絡してください。

 

なお、先述の通り、ガスの管理は注意を必要とするものです。
確認作業には多少の時間を要するので、可能な限り早めに連絡するようにしましょう。

 

横浜市水道局と水道

横浜の水道を管理しているのは横浜市水道局です。
横浜の水道に関しては横浜市水道条例で厳しく定められています。
水道の切り替えを行う場合には、水道局に連絡が必要なので、引っ越しの際にはこちらに3日前までに連絡をしてください。

 

こうした連絡は水道局お客さまサービスセンターやインターネットから連絡が可能です。
水はトイレ・風呂といった日常的に使用するインフラに直結しています。
うっかり切り替え損ねると、極めて大きな不便を被ることになるでしょう。

 

なお、一般的に水道の水が止められることはありません。
災害などに備えて、常に水を止めずに蓄えるようにしています。
実際、横浜水道局では市民が1週間暮らせるだけの水を常に貯蓄しているのです。

 

そのため、水漏れなどがあるとそれが料金として請求されてしまいます。
そう言う意味でも気を付けたいところです。

 

引越し前に電気・ガス・水道の手続きは済ませよう。

日常的に使っていると感覚がマヒしてしまいがちですが、電気・ガス・水道はいずれも現代で暮らす上で欠かせないものです。

 

しかも、もしも切り替えを忘れてしまったからと言って、すぐに復旧できるようなものでもありません。
繋がるまでは大きな不便を強いられてしまいます。

 

引っ越しを行う際には、早いうちからこうしたライフラインに関しては連絡を取るようにしましょう。